日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

済昭園

さいしょうえん

 

最終更新日:2016年7月15日  
団体紹介ページ
団体種別 社会福祉法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 佐賀県  
市区町村 嬉野市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.saisyouen.jp/  
所轄省庁名  
設立年月日 1946/12/26  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 当園は特別養護老人ホームであり併設にショートステイ事業があります。ショートステイ事業は1日平均利用者が2003年度9.8名、2004年度16.9名と大幅に増加し、それに伴い送迎範囲は広域化、分散化で送迎車両の必要性は高まっています。しかし当園はショートステイ利用者の急激な増加に対して送迎車両が3台(リフト付普通車1台・スロープ式軽自動車1台・軽ワゴン車1台)しかなく、営業日によっては併設のデイサービス事業、ホームヘルプサービス事業へ車両を貸す事もあります。特に軽車両2台は入所者の通院等の使用もあり稼働率が高く、軽ワゴンの走行距離は15万Kmスロープ式軽車両は8万Kmを超え老朽化も目立っています。送迎車両が使えない時間帯等ではご家庭に送迎をして頂いたり、送迎時間の変更をして頂きご迷惑をかける事もあります。特別養護老人ホーム入所者の通院と送迎が重なった場合は、空いている車両を使用することで軽ワゴン車であったら乗り降りができない方や車椅子使用の方の場合、職員2人付添いが必要となり施設内の処遇が困難な状況になります。
今回、申請車両が導入されれば、ショートステイ事業の送迎車両不足の解消、ご家族の送迎負担の軽減、特別養護老人ホーム入所者の通院も職員1人で行ける分施設処遇向上につながる事になります。

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に尊重されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的とする。
第一種社会福祉事業および第二種社会福祉事業の経営運営  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2007 車いす対応車(普通車)の整備 ¥1,850,000
2006 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥860,000
2005 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥890,000
2004 車いす対応車(軽自動車)の整備 ¥840,000
1976 養護老人ホームの改築 ¥59,950,000
1972 養護施設増築 ¥12,820,000
合計 ¥77,210,000