日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

第7回ギリシャ国際海事展への参加

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,775位 (19,743事業中)
成果物アクセス数:291
更新日 : 2020年10月17日

注目度とは?

団体名 日本船舶輸出組合
団体名ふりがな にほんせんぱくゆしゅつくみあい
年度 1980年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,875,000
助成金額: ¥6,875,000
事業内容 (1) 展示会の実施概要
@ 名称    第7回ギリシャ国際海事展
POSIDONIA 80
The 7th International Shipping Exhibition
A 会期    昭和55年6月2日(月)〜6月7日(土)
B 会場    St.Nicholas Terminal(Pireus、Greece)
C 参加国数  40カ国
アルゼンチン、ベルギー、バーミューダ、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、東独、デンマーク、エジプト、フィンランド、フランス、西独、ギリシャ、香港、ハンガリー、イタリア、日本、韓国、クエート、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サウジ・アラビア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スェーデン、スイス、台湾、トルコ、英国、ウルガイ、米国、ソ連、ユーゴスラビア
D 参加社数  310社
E 入場者数  約75,000人(展示会事務局非公式発表、6月2日開会式特別招待客および6月7日一般公開日来場者を含む)
(2) 日本造船小間  展示面積  190m2
展示内容
@ ギリシャ船主の需要動向に適合した各種船型の紹介
(写真、模型)
A 船舶の省エネルギーに挑む日本造船業の技術開発紹介
(写真、実機)
B 日本とギリシャの関係紹介(写真、グラフ)
C 日本全般に関する紹介(日本庭園、VTRなど)
D カタログ・パンフレット等の配布
E メンバーリスト
 以上を業界統一展示により実施し、ギリシャ船主をはじめとする海運関係者との情報交換を行い、相互の認識向上と今後の船舶輸出の促進とに役立てた。
(3) 設営・準備のための要員の派遣
 現地における事前準備(会場設営等)、展示会の運営、事 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「第7回ギリシャ国際海事展への参加」の報告書
備考