日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海事知識の普及啓蒙活動

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,473位 (20,808事業中)
成果物アクセス数:120
更新日 : 2022年9月24日

注目度とは?

団体名 日本海事科学振興財団
団体名ふりがな にほんかいじかがくしんこうざいだん
年度 1981年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥18,047,000
助成金額: ¥18,047,000
事業内容 イ 会報の発行・配布
 船の科学館の行事・活動を中心に最近の海事ニュースを掲載した会報を年2回、各6,000部発行し、友の会会員4,052名及び関係団体、博物館、図書館来館者等に配布した。
(発行回数)  2回各6,000部
(体裁)    B5版 8頁 表紙4色刷、オフセット印刷
ロ 海事映画フイルムの整備
 海と船に関連した16m/m映画フイルム10本を購入整備した。
ハ マリンフェスティバル
 海の記念日(7月20日)にちなみ、運輸省の主催により、毎年実施されている海の旬間行事に協賛して、船の科学館内外において防災ページエント、船の見学会、東京港めぐり、音楽会、海洋映画会及び海図展を実施した。
(期間)    昭和56年7月19日〜7月31日
ニ 海事特別展
 東京港開港40周年及びニューヨーク、ニュージャージー港との姉妹港提携を記念して、東京港を基調に世界の港湾の姿、しくみ・機能などを模型・写真パネル・資料等によって展示した特別展を開催した。
(期間)    昭和56年5月10日〜6月30日
(場所)    船の科学館
(参加者)   58,143名
ホ 洋上研修
 船の科学館友の会会員を対象に東京湾内大型客船を使用して、乗船体験、船内研修、海事講話、訓練等の研修を実施した。
(参加者)   820名
ヘ 海事広報車による巡回教室
 海事広報車を各地に派遣し、青少年に対し海事思想普及の広報活動を実施した。
(活動場所)  埼玉、丸亀、児島
(延参加者数) 3,480名
成果物 「海事知識の普及啓蒙活動」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。