日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋汚染防止活動

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,957位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:153
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 1987年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥25,270,000
助成金額: ¥25,270,000
事業内容 我が国周辺海域における、船舶あるいは臨海工場等から流排出される油、その他各種の廃棄物等による海水の汚染は、自然環境を破壊し、国民の健康のみならず産業経済にも重大な影響を及ぼす恐れがある。本事業においては、全国所要の地に海洋汚染防止推進員を配置して、海上保安庁の指導のもとに、海洋汚染の防止ならびに啓蒙活動(海洋汚染発生確認件数及び海上公害関係法令違反の多い海域に重点をおいて、各地区毎に巾広い海洋汚染防止推進運動を実施して啓蒙活動の活性化を図る。)を実施した。
 所要の地方本部(1ケ所)及び支部(97ケ所)に、海上保安庁の推薦により委嘱した海洋汚染防止推進員570名を配置して、所轄海上保安部署の指導のもとに、次の活動を行なった。
(1) 海洋汚染の監視、通報
 海洋汚染(油による汚染のほか、油以外のものによる汚染で人体に有害なもの、水産動植物に被害を与えるおそれのあるもの、船舶の航行や漁業の妨げとなるおそれのあるもの等)を発見した場合、発見日時、場所、汚染の排出源、汚染状況及び被害状況等を関係海上保安官署に通報することにより、必要な措置の実施に協力した。
(2) 海洋汚染の防止に関する啓蒙活動
 海上保安庁が実施する講習会等に参加するほか、推進員の所属する団体、企業内等における啓蒙活動を所轄海上保安部署の指導のもとに実施した。
(3) 海洋汚染防止推進運動の実施
イ. 海洋汚染発生確認件数の多い東京湾、伊勢湾、大阪湾及び瀬戸内海(2地区)の5地区において、6月の環境週間及び海上保安庁の海洋汚染防止推進週間にあわせて、1ケ月間、モニターによる一般の人を対象(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海洋汚染防止活動」の報告書
備考