日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

自動化船機器の信頼性調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,853位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:265
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,925,000
助成金額: ¥4,925,000
事業内容 (1) 故障状況の調査
 調査は、大手船社5社が運航している、自動化船隻を対象として調査票を配布し、運航中、停泊中における自動化船機器の故障状況について記入させ、回収した。
a. 調査項目
(a) 航海中又は仮停泊中等における機関室の無人化の状況
(b) 主機の自動停止、手動停止、自動減速、手動減速等の故障による運航への影響
(c) 亀裂、折損、切損、摩耗、変形、固着、閉塞等の故障の内容
(d) 振動、疲労、劣化、発熱等の故障の原因
(e) 修理、開放掃除、調整、自然復帰等の故障の処置
b. 調査結果の見直し
調査票の回収に応じ、調査実施状況を検討した。

(2) 評価・解析
 自動化船機器の故障状況調査の実施によって得られたデータの整理・集計結果に基づき、作業部会において主機重故障解析、発電プラント別故障率比較等、次の項目について解析を行い、船舶の自動化に関する基礎データを得た。
(解析項目等)
1. 警報故障データによる状況監視センサの評価について
2. FTA法による信頼性解析
3. 故障出現パターン及び定期保全の考え方
4. 調査データ集計表のまとめと解説
5. 船舶信頼性調査の10年間のまとめ
6. 船舶信頼性調査における各種解説について
7. 信頼性調査データの船級検査への適用の可能性について

(3) 委員会の開催
委員会   1回
作業部会  4回
成果物 「自動化船機器の信頼性調査」の報告書
備考