日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶排ガスの環境への影響と防止技術の調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,688位 (19,367事業中)
成果物アクセス数:294
更新日 : 2020年2月22日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥30,420,000
助成金額: ¥30,420,000
事業内容 (1) 船舶排ガス分布状況調査
a. 大洋域用排ガス拡散モデルの作成
一般的拡散モデルを参考にして、大洋域用排ガス拡散モデルを作成した。
b. 船舶排ガス大洋域分布状況調査
 運輸省航海訓練所の青雲丸の協力を得て、本州太平洋岸の大洋域において海上微粒浮遊物質の分布状況、排ガス拡散に影響を与える混合層の高さ等について、洋上において実測を行った。
c. 大洋域用排ガス拡散モデルの検証
 大洋域における海上微粒浮遊物質の分布状況測定結果等を用いて、大洋域用拡散モデルの検証を行った。

(2) 船舶排ガス大気環境影響の解析
 船舶排ガス分布状況調査および船舶運行に伴う大気汚染物質の発生量調査結果に基づき、シミュレーション等により船舶運航が大気環境にもたらす影響を解析した。

(3) 大気汚染防止技術の検討課題の摘出
 昨年度に実施した大気汚染防止技術に関するアンケート調査結果に基づき、大気汚染防止技術として検討すべき課題を摘出した。

(4) 大気汚染防止技術検討課題に関する調査
 摘出した検討課題に関して、大気汚染防止の効果、熱効率への影響、経済的影響、大気汚染防止技術としての有効性等について、聞き取り調査を実施した。

(5) 技術開発課題の摘出
 船舶運航の大気環境へ及ぼす影響の防止技術については、燃料改善や脱流・脱硝装置の設置といった対策手法を、積極的に推進すべき技術開発課題として摘出した。

(6) 委員会の開催
委員会       3回
排出低減作業部会  3回
拡散評価作業部会  4回
成果物 「船舶排ガスの環境への影響と防止技術の調査」の報告書
備考