日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

超電導電磁推進船の開発研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,319位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:947
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥567,843,000
助成金額: ¥567,843,000
事業内容 (1) 調査研究
@ 超電導電磁推進装置の性能向上に関する調査研究
a. 推進装置用超電導磁石の高性能化の調査研究
 超電導磁石の高磁場化、大型化、形状等について、技術的問題の提起、可能性の調査および試計算を行い、将来の超電導電磁推進装置の設計資料を得た。
b. 海水通電効率の向上に関する調査研究
 超電導電磁推進装置の効率向上策として、海水の抵抗低減法について調査実験を行った。また、これまでの電極調査実験の総合的なとりまとめを行い、将来の電極設計資料を得た。
A 電磁推進船の最適船型の調査研究
 超電導電磁推進船として最適な船型形状を調査し、想定される長さ、排水量で試設計を行い、将来の超電導電磁推進船の可能性の調査を行った。

(2) 国際会議の開催
 超電導電磁推進船「ヤマト1」を中心とした、超電導電磁推進に係わる国内外における研究者(参加者222名、内、海外55名)による世界で初めての国際シンポジウムを開催し、最先端技術である超電導技術の船舶への応用についての技術交流を計るとともに、開発研究成果の啓蒙を行った。

※ 本事業は平成4年12月25日完了予定である。
成果物 「超電導電磁推進船の開発研究」の報告書
備考