日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

小型船舶特定制度の確立のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,157位 (19,734事業中)
成果物アクセス数:236
更新日 : 2020年9月26日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,297,000
助成金額: ¥10,297,000
事業内容 (1) 海洋性レクリエーション先進諸外国における小型船舶特定制度及び実施状況に関する実態調査
 平成2年度に実施した国内における類似の制度、国内各地の小型船舶の特定制度、及び外国の小型船舶特定制度に関する文献調査等の結果を踏まえ、米国、英国、フランス、スウェーデン及びノルウェーについて現地調査を行い、登録制度の目的、基準、所掌の官庁、特定方法、費用等特定制度の実情を把握した。

(2) 小型船舶特定制度の導入環境に関する調査
 国内における地方自治体、マリーナ、リース業界の実情及び小型船舶所有者の意識等導入に関する調査を行った。
@ 地方自治体の導入環境調査
 地方自治体においては、船籍票登録と港湾関係の事務を取扱っているが、これらは一部の自治体を除き、船籍登録は水産部、港湾は土木部とそれぞれ別個の部門で取扱っている。今回の調査においては、小型船舶の係留問題のある自治体から、埼玉県、三重県、兵庫県及び広島県の4県を選び調査を行った。
A マリーナ関係者に対する導入環境調査
 マリーナの導入環境につき、琵琶湖地区、浜名湖地区及び沼津地区の5マリーナにおいて、それぞれの現況、特定制度についての要望等の調査を行った。
B リース関連業界
 約800隻程度(5総トン以上の小型船舶を含む)のプレジャーボートを取扱っているリース業界についてその実情を調査した。
C 意識調査
 主としてモータボート所有者を主たる対象として、特定制度の導入に関する意識調査を実施した。また、舟艇製造事業者に関しでは、(社)日本舟艇工業会が加盟会員に対して行った調査を参考とした。
成果物 「小型船舶特定制度の確立のための調査研究」の報告書
備考