日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

超電導電磁推進船「ヤマト1」の展示啓蒙

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,321位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:946
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥125,771,000
助成金額: ¥125,771,000
事業内容 (1) 実験船「ヤマト1」の展示方法等に関する調査および改造
 「ヤマト1」を世界初の超電導電磁推進船として広く一般に公開し、青少年の海事に対する教育と船舶・科学技術の啓蒙に役立てることを目的として展示することとし、展示場所の候補地について、東京都と神戸市の2都市が候補として挙げられ慎重に検討した結果、神戸市へ無償にて譲与することとした。
 また、最先端の技術を駆使して開発された「ヤマト1」の右舷側に搭載されている超電導磁石(?U)を、内部の6連環構造が見えるように改造し、我が国の研究教育機関の中枢をなす研究学園都市にある、筑波研究所に展示して啓蒙を図ることとした。
(2) 地上支援基地の解体・撤去
 地上支援基地の解体撤去について、再利用できる装置機器類は有償により譲渡することとし、譲渡希望者が搬出した後、解体作業に着手した。
※ 本事業は平成6年3月15日完了予定である。
成果物 「超電導電磁推進船「ヤマト1」の展示啓蒙」の報告書
備考