日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ギニアおよびマラウイにおける災害予防システムの強化 (Technical assistance in disaster management in Guinea and Malawi)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,295位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:46
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 United Nations Secretariat for International Strategy for Disaster Reduction (国連国際防災戦略事務局)
団体名ふりがな こくれんこくさいぼうさいせんりゃくじむきょく
年度 1993年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 ギニア
マラウイ
事業金額
事業費総額: ¥25,275,600
助成金額: ¥25,275,600
事業内容 ギニアおよびマラウイにおける災害予防システムの強化を目的とする専門家派遣事業に対し資金協力する。
DHAは1992年4月、国連災害救済調整官事務所(UNDRO)と統合された国連団体で、災害時における援助物資の円滑な供給や、災害予防対策の強化を目的としている。
ギニアでは1990年以来、森林・都市火災に悩まされ、緊急対策の予防措置等がなかった。またマラウィでは1989年以来、多くの自然および人的災害にみまわれ大量難民の流入、ペストの流行、旱魃と3つの災害が同時進行している。このような状況の中で、下記の2つのプロジェクトに対して資金協力する。
1)ギニアにおける災害の予防策を策定するべく、災害救済調整官の訓練および災害防止活動への技術支援プロジェクト
2)マラウイにおける緊急管理機構のシステム化を目的とした、災害予防・災害管理に係わる訓練プロジェクト
成果物 「ギニアおよびマラウイにおける災害予防システムの強化」の報告書
備考