日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

SG2000農業プロジェクトの推進 (Development of food self-sufficiency in Africa)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,319位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:100
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 Sasakawa Africa Association (笹川アフリカ協会)
団体名ふりがな Sasakawa Africa Association
年度 1993年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 エチオピア
ガーナ
ベナン
タンザニア
トーゴ
ナイジェリア
事業金額
事業費総額: ¥757,120,000
助成金額: ¥757,120,000
事業内容 「SG2000農業プロジェクト」を継続、推進するための各種農業機材・種子・肥料の入手等の経費について資金協力する。
笹川アフリカ協会はアフリカにおける主食穀物の自給体制の確立を目的とした「非営利の民間団体」である。SG2000の農業プロジェクトは、アフリカの農民に従来の農耕法を改善すること(水資源の確保、改良品種並びに肥料等の利用)が、いかに収穫量を増大させることが出来るかを現地農民自身によって実証させ、その波及効果によりアフリカ全域での自給体制の確立を目指すものであり、N.ボーローグ博士の陣頭指揮のもと1986年より推進されている。
現在実施国はガーナ、タンザニア、ベニン、トーゴ、ナイジェリア、エチオピアの6ヶ国で、各国の穀物生産増大が国連農業機関(FAO)により報告されている。1994年には、新たに国際食糧援助の最大の受け入れ国であるモザンビークでの活動を開始するとともに、ガーナ、ベニン、トーゴにおいて、小規模食品加工プロジェクトに着手する予定である。
成果物 「SG2000農業プロジェクトの推進」の報告書
備考