日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋微生物による流出油処理に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,864位 (19,363事業中)
成果物アクセス数:263
更新日 : 2020年2月15日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥27,158,000
助成金額: ¥27,158,000
事業内容 (1)現状のバイオレメディエーションの成果の把握
 アラスカにおけるEXXON VALDEZ号の流出事故等の実際の事故対応に関連した成果、及び研究開発レベルの成果に区分し、国内、国外(欧米等)における現状の成果を文献調査、ヒアリング調査によりとりまとめた。また、収集文献のデータベースを作成した。(Windows3.1対応)。
(2)バイオレメディエーションの研究・実用化動向の把握
 文献調査、ヒアリング調査により米国を中心として、バイオレメディエーションの研究、実用化動向を把握した。また、米国はすでに実用化されており、その研究、実用化動向の把握のため、米国の海外調査(US−EPA,EXXON)を実施した。
(3)バイオレメディエーションに関する実用化試験計画の作成
 過去の事故事例から沿岸部における被害想定を行い、バイオレメディエーションによる復旧目標を検討した。
(4)予備試験の実施
 作成した実用化試験計画に基づき、実用化試験の準備としてバイオレメディエーションの効果等について、@実験油の性状設定のための調査、A油の付着・浸透状況確認試験、B重要パラメータの同定のための試験(窒素源の種類、窒素源の濃度の高低、溶存酸素濃度の高低による油の生分解の効果確認)の予備試験を実施した。
(5)委員会の開催
 開催日および主な審議事項(4回開催)
〇 第1回 平成7年6月20日(火)
 ・平成7年度事業計画
 ・平成7年度事業実施計画(案)
○ 第2回 平成7年9月11日(月)
 ・「海洋微生物による流出油処理に関する調査研究」(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海洋微生物による流出油処理に関する調査研究」の報告書
備考