日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ベニンの洪水被害に対する緊急災害援助 (Relief for flood victims)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,203位 (19,302事業中)
成果物アクセス数:32
更新日 : 2019年11月9日

注目度とは?

団体名 United Nations Secretariat for International Strategy for Disaster Reduction (国連国際防災戦略事務局)
団体名ふりがな こくれんこくさいぼうさいせんりゃくじむきょく
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 ベナン
事業金額
事業費総額: ¥2,000,000
助成金額: ¥2,000,000
事業内容  DHAを通じたベニンの洪水被害に対する緊急災害援助としての資金協力。
突発的な自然災害の初期段階(発生から1週間以内)では、2万〜5万米ドル程度の援助があれば、現地の状況に応じて柔軟に活用でき、3週間後に与えられる倍額の援助よりもはるかに価値があり、多大な効果をあげることができる。またこのような援助は、各国や他の国際機関からの援助を引き出す、呼び水的なものとなりうることから支援するものである。

[被害の概要]
・1995年9月、10月とベニンの南西部を襲った豪雨により、ベニン、トーゴ国境を流れるモノ川が氾濫し、下流域のゾウ地区とモノ地区の70ヶ所村 洪水が発生。
・この洪水により水没した耕作地は20,000ha、5,000戸の家屋が流失及び深刻な被害を受けた。被災者は約86,000人、その内26,000人が家屋、家畜、耕作地及 び収穫等の家財を損失。
・政府は災害調査チームを被災地に派遣。被災状況の調査を行った結果、上記被災に加え、電気、通信、交通等、甚大な被害を受けていることが判明する とともに、伝染病の蔓延及び大規模な飢饉が懸念されている。
・現在、食糧、毛布、テント医薬品及び救援活動に必要な車両等が必要とされている。

なお、日本政府は10月13日現在、対応を検討中。

当会の援助金は被災地の状況に応じて、現地にて調達される緊急援助物資の購入等に充当される。
成果物 「ベニンの洪水被害に対する緊急災害援助」の報告書
備考