日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

超電導電磁推進装置の高出力化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,048位 (19,363事業中)
成果物アクセス数:5,860
更新日 : 2020年2月15日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥32,560,000
助成金額: ¥32,560,000
事業内容 超電導電磁推進装置の高出力化に関する調査研究課題について委員会において審議・検討を行い、下記の研究課題について調査研究を実施した。
(1) 実施内容
 @ 永久電流スイッチ素子の開発
   「Nb3Sn永久電流スイッチの開発」について(財)鉄道総合技術研究所と委託契約(契約金額:25,000,000円、契約日:H8.8.27)を締結し、3000A級Nb3Sn永久電流スイッチの開発を行い、平成9年3月14日に納入された。
 A 高磁界用磁石の性能向上等に関する調査研究
  a.「Nb3Sn超電導線材の設計製作」について、日立電線?鰍ニ請負契約(契約金額:5,700,000円、契約日:H8.11.6)を締結し、同線材の設計製作を行い、平成9年2月13日納入された。
  b.Nb3Sn巻き線技術の開発
    「Nb3Sn巻き線技術の開発」について、高エネルギー物理学研究所と共同研究契約(共同研究科:412,000円、契約日:H8.12.20、共同研究開始日:H9.1.8)を締結し、同開発についての共同研究を行い、Nb3Sn超電導線材の特性試験及び実験用超電導コイルの製作を行った。
  c.超電導技術に関する開発情報の調査
    海外の超電導電磁推進船の開発動向調査及び高磁界磁石用超電導線材の開発状況についての講演会を開催した。
   ・海外における超電導電磁推進船及び超電導技術の開発動向調査
     米国ピッツバーグ市で行われた「1996年応用超電導会議」に出席し、海外における超電導技術の現状調査及び情報の収集を実施した。
会議名  1996 Applied Superconductivity Con(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 平成8年度超伝導電磁推進装置の高出力化に関する調査研究報告書
「超電導電磁推進装置の高出力化に関する調査研究」の報告書
備考