日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船業及び造船関連工業の経営者セミナー

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,755位 (19,734事業中)
成果物アクセス数:294
更新日 : 2020年9月26日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,795,000
助成金額: ¥4,795,000
事業内容 今年度におけるセミナーは、当財団創立20周年記念事業として従来からの講演形式に加えて、「造船業はどうなるのか」と題してパネルディスカッションを企画し、参加者として学識経験者(造船・経済)、技術評論家、造船所(大手・専業)、中小企業経営者と2名のコーディネーターにより、最近の円高、生産性の向上、技術開発、業界の集約等のテーマについて各パネラーの意見を求める形で進められた。これに対して、パネラーからはそれぞれの専門的な立場から、熱気ある討論が行われ、コーディネーターより結論が示された。2日目以降の講演については、政治・経済・経営・景気・医事問題等の分野にわたり、各界の権威者による貴重な内容の講演が行われた。講演日程は以下のとおりである。
開 催 日 時  間 講  演  等  内  容
8月2日(水)
(第1日) 13:00〜14:00

14:00〜14:30


14:30





   〜  



    17:00

17:15〜19:00 開 講 式

〇わが国造船業の現状と展望
  運輸省海上技術安全局    造船課長 徳留 健二氏

パネルディスカッション
〇造船業はどうなるのか
  ・パネラー
   一橋大学      教授      後藤  晃氏
   ?竃シ村造船所    代表取締役社長 名村 健彦氏
   日立造船?梶@    代表取締役会長 藤井 義弘氏
   ?鰹シ浦機会製作所  代表取締役社長 松浦 正則氏
放送大学      教授      森谷 正規氏
  ・コーディネーター
   東京大学   (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 第21回造船及び造船関連工業の経営者セミナー参加者募集ちらし
「造船業及び造船関連工業の経営者セミナー」の報告書
備考