日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船業及び造船関連工業の経営者セミナーの開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,861位 (19,734事業中)
成果物アクセス数:125
更新日 : 2020年9月26日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,228,000
助成金額: ¥5,228,000
事業内容 我が国造船業及び造船関連工業を取り巻く環境は、冷戦の終結による米国・ロシア・東欧造船業の商船建造分野への進出、韓国の設備拡張計画、中国造船業の近代化等による構造的需給不均衡、内外経済活動の先行き不透明感、就業者の高齢化等の問題に直面するなど厳しい状況にある。
 このような様々な難問を抱える現況において、企業の経営者は、ますます複雑化・多様化していく社会的ニーズを迅速かつ的確に把握し、高度情報化時代を生き抜くための知識と正しい現状認識に基づく的確機敏な対応が求められる。
 このため、造船業及び造船関連工業の経営者、ならびに造船関連団体の幹部を対象に、経営者等がこれからの経営指針を策定するにあたり経営の正しい認識と的確な判断を養うための一助として、政治・経済・景気等の諸問題についてそれぞれの斯界の権威者によるセミナーを実施した。
開  催  日 講    演    等    内    容
8月6日(水)
(第1日目)  開講式
○造船業の現状と展望
 運輸省海上技術安全局首席船舶検査官  谷野龍一郎
〈休 憩〉
○リーディングパワーが見えない政治
 白鴎大学法学 教授          福岡 政行
 懇親会・・・・・・・・・・・・・・・(比叡・貴船の間)
8月7日(木)
(第2日目) ○加齢と健康〜高齢化社会に対応するこれからの
         健康管理のあり方
 佛教大学 教授            小倉美津子

〈休 憩〉

○返還後の香港と中国のゆくえ
 東洋学園大学 教授          朱  建栄
〈昼食及び(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「造船業及び造船関連工業の経営者セミナーの開催」の報告書
備考