日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日本造船学会論文集等の刊行

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,071位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:5,589
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 日本船舶海洋工学会
団体名ふりがな にほんせんぱくかいようこうがくかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,609,000
助成金額: ¥9,609,000
事業内容 近年わが国の造船技術は、時代、広義の環境周辺技術の進歩に応じて、船舶の性能、構造、材料及び海洋構造物の安全性等広い分野での研究成果が発表されている。日本造船学会論文集刊行事業は、日本造船学会の講演会において発表された論文をとりまとめて刊行し、わが国造船技術を広く関係者に周知し、技術の向上に寄与することを目的として実施した。
 また、国際英文論文集「Journal of Marine Science and Technology」刊行事業は、国内外の優秀なオリジナル英文論文を中心に年間4号を発行し、年間30編〜40編程度の論文を掲載することによって、学会活動の国際化をはかり、技術の向上に寄与することを目的として実施した。
(1) 日本造船学会論文集の刊行
 @ 体  裁  B5版、上質紙、表紙2色刷、写真を含む
         第183号 530頁(内討論 32頁)
         第182号 699頁(内討論 38頁)
 A 発行部数  各650部
 B 内  容  春・秋の講演会において発表された船舶および海洋工学に関する下記の7研究分野での研究論文を講演会における討論を含め収録してある。
  a.抵抗・推進
  b.運動
  c.構造
  d.材料
  e.溶接・工作
  f.設計
  g.機関
   最近の論文内容について特徴的な点は、流体力学あるいは構造解析のような理論的研究については数値計算が大型高速コンピュータを用いて非常に精密化し、膨大な計算結果を発表していること、設計におけるシステム化、姿勢・運動等のコンピュータ制御、新材料・複合 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 日本造船学会論文集 第183号目次
日本造船学会論文集 第184号目次
平成10年度春季講演論文概要(第183号掲載分 学会誌826号抜粋))
平成10年度秋季講演論文概要(第184号掲載分 学会誌832号抜粋))
Journal of Marine Science and Technology(日本造船学会国際英文論文集)第3巻第1号目次
Journal of Marine Science and Technology(日本造船学会国際英文論文集)第3巻第2号目次
Journal of Marine Science and Technology(日本造船学会国際英文論文集)第3巻第3号目次
Journal of Marine Science and Technology(日本造船学会国際英文論文集)第3巻第4号目次
「日本造船学会論文集等の刊行」の報告書
備考