日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

国際的海上保安業務の推進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,386位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:3,394
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,938,000
助成金額: ¥2,938,000
事業内容 「海上における捜索及び救助に関する国際条約」(SAR条約)の発効、「1990年の油による汚染に係る準備、対応及び協力に関する国際条約」(OPRC条約)の発効等に見られるように、海上における人命及び財産の保護並びに海洋環境の保全に関する国際的な枠組み作りが活発になってきており、特に平成6年11月、「海洋法に関する国際連合条約」(国連海洋法条約)の発効により、世界的に新たな海洋秩序体制が構築されようとしている。
 こうした国際的な枠組みの実効を挙げるためには、海上保安分野における関係諸国との協力・協調体制の一層の強化が必要である。
 ヨーロッパを中心とする先進国については、新たな海洋秩序体制構築の動きを受けて、新しい海上保安組織が整備される等、それぞれの国内における海上保安体制の充実・強化が図られているようである。こうした先進諸国の海上保安体制を調査することは、相互の協力・協調体制を強化するためにも非常に重要である。
 本事業は、先進諸国を対象とした現地調査及び関係資料の収集等を実施するとともに、わが国の海上保安業務を広く海外に周知することによって、国際的な海上保安業務の推進を図り、以て公益に資することを目的として実施した。
(1) 海上保安に関する国内外の情報提供
 @ 規 格  B5判 34号・48頁、35号・58頁
 A 部 数  各500部
 B 内 容  内外の海上保安業務関係資料及び情報
 C 配布先  海上保安庁及びその出先機関並びに内外の関係者
(2) 先進諸国海上保安体制調査
 @ 調査対象国及び日程  (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 先進諸国海上保安体制調査(フランス・イタリア)
ANNUAL REPORT ON MARITIME SAFETY 1998 Edition
「国際的海上保安業務の推進」の報告書
備考