日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ハンセン病制圧のためのWHOに対する医薬品購入資金支援 (Anti-leprosy drugs)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,512位 (19,302事業中)
成果物アクセス数:28
更新日 : 2019年11月9日

注目度とは?

団体名 World Health Organization (世界保健機関)
団体名ふりがな World Health Organization
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
中南米
ヨーロッパ
オセアニア
中東
アフリカ
実施国 インド
インドネシア
ベトナム
カンボジア
中国
パキスタン
バングラディッシュ
フィリピン
ミャンマー
アジア全体
北米全体
アンティグア・バーブー
キューバ
グァテマラ
コロンビア
ドミニカ共和国
ニカラグァ
ハイチ
パナマ
アルゼンチン
パラグアイ
ブラジル
ペルー
コスタ・リカ
エル・サルヴァドル
ホンジュラス
メキシコ
中南米全体
スイス
ヨーロッパ全体
キリバス
ミクロネシア
ソロモン諸島
パプア・ニューギニア
マーシャル
オセアニア全体
アフガニスタン
イエメン
オマーン
中東全体
アンゴラ
エジプト
エチオピア
エリトリア
ガーナ
ガボン
カメルーン
ギニア
マラウイ
ソマリア
コンゴ民主共和国
ザンビア
シエラレオネ
スーダン
セネガル
タンザニア
中央アフリカ
トーゴ
ナイジェリア
ブルンジ
モザンビーク
アフリカ全体
事業金額
事業費総額: ¥1,246,000,000
助成金額: ¥1,246,000,000
事業内容 WHOに対する、MDT(複合化学療法)に必要な治らい薬購入のための資金協力。
1998年当初におけるWHOの調査によれば、MDTの広範な普及によりハンセン病の患者数は推計で1985年の10,500,000人から1998年には1,100,000人に減少した。また、このMDTによって10,724,000人以上の患者が治療を受け、6,000,000人の後遺障害が未然に防がれたと言われる。
このうち、1994年度から始まった当財団の治らい薬購入支援によっては、68ヶ国に対して、3,815,000人分の治療薬が供給されてきた。
 
治らい薬供給におけるWHOの機能は以下の通り。
・患者数/治らい薬供給情報システムの構築及び標準化
・各国からの供給要請の収集・査定
・治らい薬調達、品質・流通管理、輸入諸手続きに際する協力
・各国担当局に対する運営能力強化、技術支援、会議の開催
・モニタリング
今後のMDT活動においては、地理的普及率の向上、治療の質の向上、早期発見及び身体障害の予防等が焦点とされる。
 本年度も、インド等ハンセン病蔓延国57ヶ国を対象に引き続きMDTが行われ、974,000人分の治らい薬が供給される。
 なお、本プロジェクトの効果的な履行、特にプロジェクト対象国の選定及びプロジェクトの評価、またWHOとの協議のために専門的な知識が必要とされるため、笹川記念保健協力財団に専門家による委員会を設置したが、本件は事前にこの委員会での審議を経た上で申請された。
成果物 「ハンセン病制圧のためのWHOに対する医薬品購入資金支援」の報告書
備考