日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ハンセン病問題への理解を促す巡回展「尊厳を求めて」の開催 (The Quest for Dignity Exhibit in Europe)

団体名 International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement (共生・尊厳・経済向上をめざす国際協議会(IDEA))
団体名ふりがな International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
中南米
ヨーロッパ
実施国 中国
米国
ブラジル
イタリア
フランス
ドイツ
ルクセンブルグ
事業金額
事業費総額: ¥32,968,344
助成金額: ¥32,968,344
事業内容 巡回展「Quest For Dignity(尊厳を求めて)」
概要:
ハンセン病に対する差別や偏見を無くすことを目指して、ハンセン病に関するネガティブなイメージを覆すための展示物を製作し、ハンセン病に関する展示会を開催する。2000年欧州、2001年アメリカ・カナダ、2002年南米を巡回し、年間6ヶ所程度、現地のハンセン病関連組織と合同で2〜3週間の展示会を開催する。また、展示会にあわせて、ハンセン病回復者による講演や周辺の学校への啓蒙教育用の教材の配布を行なう。
2000年の開催予定地:
4月ルクセンブルグ、5月イタリア、10月バチカン(その他、フランス、ドイツ、スイス、英国等での開催を調整中)
展示内容:
ハンセン病回復者の声や写真を紹介することにより、ハンセン病を生き抜いてきた人々の生き方を通して、彼らにとってのハンセン病の意味を提示し、差別や偏見の撤廃と彼らの尊厳回復を訴える。
成果物  
備考