日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

搭載工程における船底外板の自動溶接システムの開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:404位 (19,363事業中)
成果物アクセス数:20,830
更新日 : 2020年2月15日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥21,960,845
助成金額: ¥13,119,000
事業内容 @ 開発装置の改良 前年度に開発したプロトタイプ機の性能確認実験で生じる装置の不具合・改良必要部等について改良設計・製作を行い,システムのブラッシュアップを行う。a.自動溶接装置改良設計・製作 b.自走知能移動車の改良設計・製作c.溶接適応制御部の改良設計・製作 d.自走移動車適応制御部の改良設計・製作
A 開発装置の運転実験 モックアップ船体において上向き〜立向き姿勢に変化する部分について繰り返し溶接実験を行い、実船へ適用するための溶接条件の設定を行う。a.溶接条件収集実験(溶接開先、目違い、ギャップ別)b.溶接部の継ぎ手性能試験c.溶接条件設定入力(最適溶接条件データの設定入力)
B 実用機の設計・まとめ報告 運転実験により生じた改良部や実船に適用した場合に想定される現場条件を考慮して実用機の設計を行うとともに、一連の研究開発の成果をまとめ、報告書を作成する。a.実用機の設計b.開発装置の採用拡大検討c.研究成果報告書の作成
成果物 搭載肯定における船底外板の自動溶接システムの開発報告書
備考