日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶から発生するCO2の抑制に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:324位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:27,750
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1999年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,594,206
助成金額: ¥4,594,000
事業内容 今回の調査では、今後、各国のCO2 削減割り当てに関して問題の中心となるであろう外航船舶を対象として調査研究を行う。(1)船舶からのCO2排出量に関する調査CO2削減にはハード及びソフトの効率化が必要であり、どのような施策が排出量削減に効果的であるかを検討するため、船舶からのCO2排出状況の 全貌を把握するとともに、船舶単体(ハード面)の改善策を検討するため船型、機関等の種類毎にCO2排出量を調査し、運航(ソフト面)の改善策を検討するため運航形態等の状況を調査する。@船舶単体の種類毎のCO2排出量調査 A運航形態毎のCO2排出量調査 (2)船舶単体の改善策調査
船舶単体又は機関についてのハード面での改善策を調査し、それぞれに適した改善策を検討するとともにその削減効果を推定する。(3)運航の改善策調査
運航面での効率化が可能なソフト面の分野を調査し、その改善策を検討するとともにその削減効果を推定する。(4)対策の導入方法の検討(2)、(3)で検討した対策の中から削減効果、実効性を分析し、IMOにおける対策の導入について検討する。
成果物 船舶から発生するCO2の抑制に関する調査研究報告書
備考