日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ハンセン病制圧プロジェクトの推進 (Leprosy elimination project)

団体名 World Health Organization (世界保健機関)
団体名ふりがな World Health Organization
年度 2000年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
中南米
ヨーロッパ
オセアニア
中東
アフリカ
実施国 インド
インドネシア
ネパール
ミャンマー
アジア全体
北米全体
ブラジル
中南米全体
スイス
ヨーロッパ全体
オセアニア全体
中東全体
アンゴラ
ギニア
ニジェール
コンゴ民主共和国
中央アフリカ
マダガスカル
モザンビーク
アフリカ全体
事業金額
事業費総額: ¥633,430,800
助成金額: ¥633,430,800
事業内容 <2001年度の活動計画:現場における制圧活動の徹底>
@ 草の根レベルにおける制圧活動の推進と人材育成:蔓延各国の各コミュニティーの保険医療サービスへの制圧活動の統合、及び草の根レベルの人材育成の為のヘルス・ワーカーに対するハンセン病に関するマニュアルの配布。これにより、制圧活動の中心を政府や国際機関から現場へ移行。
A ハンセン病制圧活動の徹底:ヘルス・ワーカーに対するMDTに関するトレーニング、患者の早期発見と医療施設へのアクセスを改善する為のコミュニティーに対する周知啓発活動の実施
B MDTその他物品の配布の徹底と効率化:全ての患者にMDTその他必要なケアが行き届くよう、MDTの供給フローなどの管理体制の強化
C 蔓延諸国、特にインドにおけるハンセン病制圧活動のモニタリングと評価体制の構築・強化。ハンセン病患者の実態調査の実施。
D 各国のフィールド調査実施の為のテクニカルチームを結成。同チームが、各国の現場調査を統括し、MDTの普及状態等、ハンセン病制圧活動の効果を調査。

★ 制圧が最も遅れている国の一つであるインドにおいては、3つの州を重点的に支援

<ハンセン病の現状>
・MDTで完治した人の数−約1000万人
・ハンセン病患者数−75万人(1985年:540万人)
・1/1万人以下の制圧目標を達成していない国:24ヶ国(2000年1月現在)
成果物  
備考