日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ブルーリー・アルサー対策プログラム (Buruli Ulcer Initiative)

団体名 World Health Organization (世界保健機関)
団体名ふりがな World Health Organization
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域 ヨーロッパ
アフリカ
実施国 スイス
ガーナ
ガボン
カメルーン
ギニア
マラウイ
ベナン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
スーダン
赤道ギニア
コートジボアール
中央アフリカ
トーゴ
ブルキナファソ
リベリア
事業金額
事業費総額: ¥73,248,000
助成金額: ¥73,248,000
事業内容 1.蔓延国におけるブルーリー・アルサー対策プログラムの実施
 1)対象国:ベニン、カメルーン、コートジボワール、ガーナ、ギニア、トーゴ、コンゴ
  (ブラッザビル)、コンゴ共和国、マラウィー、ウガンダ
 2)内容:
  @ブルーリー・アルサーの現状調査、マッピングと分析
  A感染経路に関する調査
  B周知啓発活動
  C周知啓発用教材の作成
  D感染症対策スタッフに対するトレーニング・セミナーの開催
  E機材
2.地域レベルでの活動支援
 1)ブルーリー・アルサーの診断、ケアに関するせミナーの開催
  @開催地:ベニン
  A日程:2002年10月7−11日
  B参加者:地域20カ国の感染症研究者及び外科医等約50人
 2)ブルーリ・アルサー対策プログラム・マネージャー、専門家会議(アドバイザリー
   グループ会議)
  @開催地:ジュネーブ
  A日程:2002年3月11−14日
  B参加者:研究者、フィールド・オフィサー等
3.研究活動
 1)感染経路の研究
 2)治療薬トライアル
 3)ワクチンとBCGの研究
 4)遺伝子配列研究
成果物  
備考