日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

SG2000農業プロジェクトの推進  (SG2000 Agricultural Program in Africa)

団体名 Sasakawa Africa Association (笹川アフリカ協会)
団体名ふりがな Sasakawa Africa Association
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 ウガンダ
エチオピア
ガーナ
ギニア
マラウイ
ベナン
タンザニア
ナイジェリア
ブルキナファソ
マリ
モザンビーク
事業金額
事業費総額: ¥1,026,291,600
助成金額: ¥918,750,000
事業内容 ・食糧増産プロジェクト
試験圃場(デモプロット)での近代的農業技術のデモンストレーション、参加農民の所有農地における新しい農業技術の導入・普及の取り組みなどを行う。この他に増産に付随する事業として、高品質蛋白質トウモロコシ(QPM)の普及、種子生産体制の強化や小規模融資制度などに取り組む。
実施国:11ヶ国(ガーナ、タンザニア、ベナン、ナイジェリア、エチオピア、モザンビーク、ウガンダ、ギニア、マリ、ブルキナファソ、マラウィ)
・農産物加工プログラム
収穫した農産物を加工する機械や技術を普及することで、農民の収入向上を図る事業。
対象国:8ヶ国(ガーナ、ベナン、エチオピア、タンザニア、ギニア、モザンビーク、マラウィ、マリ)
・農業普及員奨学制度(SAFEプログラム(Sasakawa Africa Fund for Extension Education))
現職農業普及員のレベルアップを図るため、アフリカの農業大学において学位を取得できるよう、特別コースを設置・提供するプログラム。
実施大学:4ヶ国5大学 ケープコースト大学、クワダソ短期大学(ガーナ)、アレマヤ大学(エチオピア)、マリ大学(マリ)、マカレレ大学(ウガンダ)
生徒数:卒業生318名、在学生446名
成果物  
備考