日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ムダマハギ型漁船建造技術の記録保存および公開

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,020位 (20,844事業中)
成果物アクセス数:7,583
更新日 : 2022年10月1日

注目度とは?

団体名 みちのく北方漁船博物館財団
団体名ふりがな みちのくほっぽうぎょせんはくぶつかんざいだん
年度 2001年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,699,000
助成金額: ¥6,000,000
事業内容 1.津軽海峡沿岸地域に特有な構造を有する「ムダマハギ型」漁船を復元建造した。
2.これを建造する船大工は、函館市在住の平石健悦氏で、津軽海峡沿岸地域において現役で活動中の最後の船大工である。
3.建造した漁船は津軽海峡沿岸で磯漁に使用されてきた、イソブネと呼ばれる漁船で、現存する漁船の多くは船外機を装着するため船型が変化しているので、無動力時代の船型で造船し、櫓櫂及び帆装の復元も行った。
4.建造の過程を細かにビデオ及びスチール写真で撮影すると共に、各段階で実測図を作成した。あわせて、造船の勘所・基準寸法等を船大工から聞き書を行うなど、造船技術を多角的に記録し、将来の技術伝承に活用できるようにした。
成果物 ムダマハギ 津軽海峡沿岸のムダマハギ型漁船とその建造記録
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。