日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

南南協力による水資源開発の研究 (Meeting Basic Human Needs by Water Developments Through Human Resource)

団体名 Third World Centre for Water Management (第三世界水資源開発センター)
団体名ふりがな Third World Centre for Water Management
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域 中東
アフリカ
実施国 トルコ
エジプト
事業金額
事業費総額: ¥45,836,373
助成金額: ¥45,497,066
事業内容 トルコ(アタチュルクダム)、エジプト(アスワンハイダム)インド(バクラナンガルダム)の3つの大型ダム(10年以上稼動していることが条件)の各国における役割について功罪両面から評価・検証を行った。

2002年度事業完了時点での進捗状況は以下の通り。
アタチュルクダム
25%の調査活動が終了。
ダム周辺地域の約600世帯の住民にインタビュー調査を行った。(隣国イラクの政情不安定のため、国境に程近いダム周辺地域での活動に制限がかかり調査活動は難航中)

アスワンハイダム
20%の調査活動が終了。
冷戦当時、米ソ両国がこのダム建設への支援をめぐり争った。その当時の反目が現在の環境活動家たちの同ダムへの批判運動に反映されている可能性につき調査中。

バクラナンガルダム
60%の調査活動が終了。
調査活動結果の出版に向けて最も完成に近い。ダム周辺地域住民へのインタビュー活動などを終えれば調査は完了の予定。
成果物  
備考