日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アフリカにおける高品質蛋白質トウモロコシ(QPM)の開発と普及 (The Development and Promotion of QPM in Sub-Saharan Africa)

団体名 International Maize and Wheat Improvement Center (国際トウモロコシ・小麦改良センター(CIMMYT))
団体名ふりがな International Maize and Wheat Improvement Center
年度 2002年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 アフリカ全体
事業金額
事業費総額: ¥200,508,160
助成金額: ¥66,917,760
事業内容 実施内容:QPMの開発はもちろんのこと、持続的な普及体制の確立を目指すため、特にSG2000との協力体制を深めて以下の事業を行う。
@QPMの開発協力網の確立
・南部、東部、西部アフリカの各地域でミーティングを開催
AQPMの品種改良と導入試験
メキシコ本部、ジンバブエ研究所およびSG2000マラウィとの協力のもとで実施
B持続可能な種子生産と配布を実現するための体制の強化
C若手研究者育成のための研修
東部、中・西部アフリカの各地域で実施
D研究施設の設備強化
東部を対象に実施
E栄養学的、経済的な調査
エチオピア、ケニアにおいて調査を実施
協力機関:SG2000、IITA(国際熱帯農業研究機関)、WECAMAN(西および中部アフリカトウモロコシ研究ネットワーク)、ECAMAW(東および中部アフリカトウモロコシ・小麦ネットワーク)、SACCAR(南部アフリカ農業・天然資源研究訓練センター)
成果物  
備考