日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船技能開発センター構想調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,098位 (19,367事業中)
成果物アクセス数:5,418
更新日 : 2020年2月22日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,587,837
助成金額: ¥14,929,000
事業内容 1.コンセプト調査
 技能開発センターの基本的なコンセプト(設置コース、研修内容、運営方法等)を固めるため、業界からのヒアリング、アンケート調査、他業種の実態調査、関連制度の把握を行うとともに、広範囲な意見を取り入るために学識経験者、業界代表者等からなる委員会を設置して、議論を行い、基本コンセプトを取りまとめた。
(1)アンケート調査 577社 (回答203社)
(2)先行事例の分析 因島技術センター、川崎造船等
2.施設等調査
 1.で固まった基本コンセプトに従った、各研修コースのコンセプト、カリキュラム、教材、機材、施設配置等の研修内容について調査・検討を行い、技能開発センターの概要、運営費用について取りまとめた。
3.造船技能開発センター構想の取りまとめ
 1.2.の調査、議論を踏まえ、造船技能開発センター構想を提案した報告書をまとめた。
成果物 平成15年度 造船技能開発センター構想 調査報告書
今後の造船技能者人材育成のあり方 ?造船技能開発センター構想について?
備考