日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ハンセン病患者・回復者の尊厳回復プログラムの推進 (Strategies for Eliminating the Stigma Associated with Leprosy)

団体名 International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement (共生・尊厳・経済向上をめざす国際協議会(IDEA))
団体名ふりがな International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement
年度 2003年度
事業種別 助成事業
実施地域 北米
中南米
アフリカ
実施国 米国
パラグアイ
ボリビア
モザンビーク
事業金額
事業費総額: ¥24,582,800
助成金額: ¥24,582,800
事業内容 1.ハンセン病患者・回復者による国際ワークショップ及び展示会の開催と計画
(1)開催地:フィリピン、ナイジェリア、南アフリカ等
(2)内 容:ハンセン病患者・回復者による展示会、及び体験談・講演会の開催

2.IDEAセンターの運営 
(1)巡回展「尊厳を求めて」の維持 
・アメリカNY本部、大阪の国際ロッタリークラブの会合、アフリカハンセン病議会、フィリピンエンパワーメントワークショップで展示された。
・パネルの増刷を行った。
(2)ニュースレターの発行(2部)
・58ヶ国4,000人に配布された。

3.ハンセン病に関する情報発信ツールの開発 
(1)ハンセン病患者、回復者の写真撮影
順調に行われた。 
(2)ウェブサイトの運営
新しい写真やIDEAの行事に関する情報を更新、掲載した。   
(3)IDEA10周年の軌跡に関する記念誌の発行(IDEAの立ち上げ方について)
出版が遅れたため、次年度に繰り越すこととなった。

4.ハンセン病患者・回復者の声、歴史を保存する出版活動(約4冊)
3冊は翻訳、編集作業を順調に進められた。1冊は、翻訳が年度内に間に合わなかったため、次年度に繰り越すこととなった。

5.IDEAの組織強化、拡大
中国、インド、ガーナ、アンゴラ、フィリピン、ナイジェリア等において人権やエンパワーメントに関する会議の開催や地域組織とのネットワーク化が進められた。
成果物  
備考