日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

民間組織による海上保安の推進

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2004年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥188,605,750
助成金額: ¥188,605,000
事業内容  海事・漁業関係者をはじめとする国民で構成する「海守」登録者による監視・通報網を構築し、以下の活動を行った。

1.沿岸・近海監視及び通報活動
 海守会員による海上保安庁への有効通報件数は107件であった。
2.海洋汚染・自然災害発生に対する活動
 (1)海岸クリーンアップ:1ヶ所200人(福岡)
 (2)クリーンアップキャプテン養成研修:2ヶ所67人(兵庫、福岡)
 (3)流出油災害ボランティアリーダー養成講習会:2ヶ所 48人(神奈川)
3.啓蒙等の活動
 (1)海上保安活動研修会:5ヶ所238人(福岡、神戸、新潟、宮城、鹿児島)
 (2)進水式見学会:4ヶ所1,550人(福岡、香川、福岡、広島)
 (3)ベイサイドシアター:1ヶ所650人(福岡)
 (4)海を見守るセミナー、海守コンサート:1ヶ所200人(福岡)
 (5)海守の集い:2ヶ所1,030人(北海道、東京)
 (6)海のフォトコンテスト:11月〜2月の4ヶ月間 応募数239件
4.事務局運営
 (1)ホームページ運営
 (2)メールマガジンの発行:58件配信
 (3)FAX NEWSの発行:29件配信
 (4)メールシーラーの配信:2回配信
5.広報活動
 (1)新聞:読売計6回、朝日計11回、毎日計3回、産経計2回
 (2)テレビ:九州朝日放送、名古屋テレビ他29局 年2回
 (3)電車中吊り広告:JR3月6,800枚、東京メトロ3月2,370枚、高速鉄道線3月220枚
 (4)雑誌:フォーサイト毎月掲載、週刊現代10月号から毎月掲載、るるぶじゃぱん11月号から毎月掲載
6.協賛等
 (1)萩の和船大競漕 1回194人
 (2)ビーチバレー朝日CUP2004 4ヶ所5,548人
7.海上気象放送
毎朝15分間、ラジオNIKKEIにおいて日本周辺54ヶ所の海上気象を放送した。

成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。