日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

博物館の機能整備

団体名 日本海事科学振興財団
団体名ふりがな にほんかいじかがくしんこうざいだん
年度 2005年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥82,863,361
助成金額: ¥82,700,000
事業内容 1.展示機器代替整備
博物館内の展示機器類を良好な状態で運用するため、経年劣化が著しい展示機器類の代替整備を実施した。
(1)DVD機器の代替整備 2台
2.演示機器定期整備
博物館内の演示機器類を良好な状態で運用するための定期的な整備を実施した。
(1)マリンシアターの整備 2回 
(2)Q&Aシアターの整備 1回
(3)操船シミュレーションの整備 2回  
(4)船長ロボットの整備  2回 
(5)シーアンドシップワールド及び青函ワールドの整備 2回
3.展示保守業務
博物館展示機器の保守業務を委託し要員を配置した。毎日1名
4.ボランティア活動 
博物館業務に係るボランティアを受け入れ、海事科学知識の普及啓蒙活動の一助とした。 3名
5.展示コーナーの情報更新
最新の海事情報を伝えるため、1階展示場「船をつくる」及び2階展示場「船とさかな」コーナー、南極展示室の展示解説パネルの情報更新を行った。
6.博物館検討所見聴取
これからの新しい時代に対応する博物館像や、その活動内容等を検討するために学識経験者5名より所見を聴取した。
7.博物館施設の運用保守管理
来館者に快適な見学空間を維持提供していくために、船の科学館諸施設の保守管理等の業務を実施した。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。