日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

インドネシアにおける視覚障害学生の高等教育支援プロジェクト (ICEVI Project Application on Higher Education, Indonesia)

団体名 International Council for Education of People with Visual Impairment (視覚障害者教育のための国際評議会)
団体名ふりがな  
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,188,582
助成金額: ¥8,184,330
事業内容 インドネシアにおいて視覚障害者高等教育支援体制を整備するためのプロジェクトを実施した。

実施地域:バンドン、ジャカルタ
実施期間:2006/9〜2007/7
対象者:バンドンとジャカルタの2箇所で高等教育機関に通う視覚障害学生約100名

事業内容:
1.バンドン
(1)視覚障害学生の大学生活をサポートするセンターを大学内に設置した。
(2)上記センターの運営等を管理するコーディネーターを選抜し教育した。
(3)上記センターのスタッフ5名(同大学の学生)を選抜し教育した。
(4)新入生(視覚障害者)に対してオリエンテーションを実施した。
(5)視覚障害者用のコンピューター等を上記センターに整備し、教材の作成
   やコンピューター利用の支援を行った。

2.ジャカルタ
視覚障害者支援当事者団体NGO(ミトラネトラ)の事務所にセンターを設置し、以下の支援を行った。
(1)ピア・カウンセリング・サービスを充実させた。
(2)補習授業を実施した。
(3)視覚障害者用のコンピューター等を整備し、教材の作成やコンピュータ
   ー使用の支援を行った。
(4)ジャカルタ市全域を網羅するために都心の図書館にも支援センターを
   設置した。
成果物  
備考