日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ベトナムの聴覚障害中高等教育関係者によるアメリカ視察の実施 (Technical Study Tour to USA on Deaf Education)

団体名 Viet-Nam Assistance for the Handicapped (ベトナム障害者援助組織)
団体名ふりがな Viet-Nam Assistance for the Handicapped
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
実施国 ベトナム
米国
事業金額
事業費総額: ¥7,981,434
助成金額: ¥7,676,500
事業内容 当初1回だけ計画されていた訪米視察を結果として2年に渡り2回実施した。

視察先は2回ともロチェスター工科大学(国立ろう工科大学NTID:ニューヨーク州ロチェスター市)とギャローデット大学(ワシントンDC)での視察研修を中心に、ろう学校や米国障害者評議会なども訪問した。

第一回
期間:2006年9月24日〜30日
参加者:ベトナム国会議員Cu氏、同国教育訓練省関係者4人、Woodward博士夫妻、ベトナムろう学生2人、VNAH職員1人、合計10人

NTIDでは統合教育環境下における聴覚障害学生への手話通訳、字幕提示などによる情報保障を学んだ。
ギャローデット大学においては聴覚障害者教育における手話コミュニケーションの優位性、ろう文化などについて学んだ。
またワシントンDCでは米国障害者評議会訪問や、弁護士、医者など高度な専門職に就いている聴覚障害者との面談を通し、聴覚障害者の持つ能力や社会での活躍についての認識も深めた。

第二回
期間:2007年9月18日〜28日
参加者:ベトナム教育訓練省Mai副大臣を筆頭に同国障害者教育関係者6人、Woodward博士夫妻、VNAH担当者1人、合計9人が参加。ただし、財団助成金で負担したのは副大臣と同国教育戦略研究所所長のLoc氏、VNAH職員の経費のみ。

第一回と同様に聴覚障害教育をギャローデット大学とNTID中心に視察研修した。第一回と異なる点は、ろう学校のを2ヵ所訪問し中等教育以下の状況についても学んだ事、さらに、連邦政府教育局とメリーランド州教育局を訪問したことである。
成果物  
備考