日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ハンセン病患者・回復者の尊厳回復プログラムの推進 (Strategies for Eliminating the Stigma Associated with Leprosy)

団体名 International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement (共生・尊厳・経済向上をめざす国際協議会(IDEA))
団体名ふりがな International Association for Integration, Dignity and Economic Advancement
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥24,881,752
助成金額: ¥23,126,100
事業内容 ハンセン病に関する偏見に基づく差別を無くし、ハンセン病患者・回復者の尊厳を回復するため、以下の事業を実施した。(3年計画の2年目)

1.ハンセン病に対する社会の意識変革
(1)「尊厳を求めて」常設展の整備
第17回国際ハンセン病議会用にパネルを新規作成した。
(2)スティグマ、アイデンティティ、人権に関する会議の開催
(3)第17回国際ハンセン病議会への参加
議会中、人権に関するワークショップ、会議、トレーニングセッション等を開催した。

2.IDEAネットワークの活性化
(1)IDEA支部への運営サポート
 a.新支部の設立:コンゴ民主共和国、ラトビア、スーダン、台湾、ウクライナ
 b.支部への運営サポート:中国、インド、南アメリカ、ガーナ、ケニア、日本、韓国、ネパール、ナイジェリア、ノルウェイ、フィリピン、アメリカ等
(2)患者、回復者の写真記録の拡大、管理、保存
4,000枚の写真が新たに保存された。各国の支部による写真保存を奨励するとともに、ヘンリー・ロー氏がルーマニアとラトビアで写真撮影を実施した。
(3)電子ニューズレターの発行:年4回発行した。
(4)ウェブサイトのコンテンツ、デザイン更新及び出版活動(ニューズレター年2回発行等)を実施した。
成果物  
備考