日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

笹川アフリカ農業普及教育プログラム (Sasakawa Africa Fund for Extension Education Program)

団体名 Sasakawa Africa Fund for Extension Education(SAFE) (笹川アフリカ農業普及教育協会)
団体名ふりがな Sasakawa Africa Fund for Extension Education(SAFE)
年度 2006年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥223,903,038
助成金額: ¥223,725,000
事業内容 1.現職農業普及員向け再教育プログラムアフリカの大学内に特別コースを設置し、現職の農業普及員に新しい技術と知識を習得する機会を提供する。各大学での取り組みは、7年間を目処に3段階に分けて取り組む。最初の5年間は準備、発展の2段階であり、最後の2年間は独立・自立に向けた終了段階と位置付ける。
・Bobo-Dioulaso大学(ブルキナファソ)(1999年開始)
・Abobey-Calavi大学(ベナン)(2002年開始)
・Bunda農業学校(マラウィ)(2004年開始)
・Hawasa農業専門学校(エチオピア)(2005年開始)
・Ahmadu Bello大学(ナイジェリア)(2002年開始)
・Baelo大学(ナイジェリア)(2007年開始)
・Mali大学(マリ)(2001年開始)
・Samanko大学(マリ)(2007年開始)
以上6ヶ国8校(在校生857名、卒業生累計1,123名)

2.奨学金プログラム中堅の農業普及員をアフリカ内の大学にて、学士課程・修士課程を学ばせるプログラム。
対象:中堅の農業普及員20名(卒業生累計は84名)
期間:2ヵ年(学士・修士課程)
場所:タンザニア・Sokoine大学/ガーナ・Cape Coast大学
備考:博士課程に関しては、2007年より3人が国内(ナイジェリア・ガーナ)の大学にて学んでいる。
成果物  
備考