日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶起源の粒子状物質(PM)の環境影響に関する調査研究事業

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,077位 (19,400事業中)
成果物アクセス数:236
更新日 : 2020年3月28日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥28,359,500
助成金額: ¥28,359,000
事業内容 2006年度の調査結果等に基づき、一次粒子の解析を、調査地点の増加、測定対象物質の追加な等、更に進める共に、二次粒子についてのシミュレーションに基づき定量的な評価を行った。
これら測定とシミュレーションの両面からの評価に基づき、ガス状物質(NOx、SOx等)から大気中での粒子状物質への変換も考慮に入れた上で、船舶排気ガスの将来規制のあり方について提言を行った。
1. 船舶起因のPMの大気環境に対する影響の調査
(1) 港湾域におけるPMの調査解析
(2) PMに関するシミュレーション
(3) PMの測定法と毒性評価の検討
(4) 総合評価
2. PMの削減ポテンシャルに関する調査
3. PMの将来規制の枠組みに関する提言
成果物 平成19年度 船舶起源の粒子状物質(PM)の環境影響に関する調査研究報告書
備考