日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 (The Nippon Foundation Scholarship Program for the Deaf Studying Abroad)

団体名 日本ASL協会
団体名ふりがな にほんえいえすえるきょうかい
年度 2007年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
北米
実施国 日本
米国
事業金額
事業費総額: ¥53,771,572
助成金額: ¥41,992,000
事業内容 1.日本財団聴覚障害者海外奨学金事業
奨学生計12人(1期生2人、2期生:3人、3期生:3人、4期生:3人、5期生1人)に対し、必要なサポートが適切に行われた。

(1)5期生の募集・選考
6人中1人が選考された。

(2)留学準備中の奨学生への国内事前研修の提供
A.対象人数:2人(4期生1人、5期生1人)
B.内  容:語学(英語・アメリカ手話)研修、日本の聴覚障害者事情についての必須及び選択研修を実施し、留学前のサポートを行った。

(2)現在留学中の奨学生に対する奨学金支給及びサポート
A.対象人数:8人
B.内  訳:
(a)1期生(1人):ギャロデット大学ソーシャルワーク修士課程修了。現在、フィラデルフィア市ヘルスセンターにて就労研修中。
(b)2期生(2人):ギャロデット大学インターンシッププログラム修了者1人、ギャロデット大学ソーシャルワーク修士課程修了者1人。
(c)3期生(3人):ギャロデット大学教育学修士課程1人、ギャロデット大学ろう学修士課程1人、サンタクララ大学高等教育管理学修士課程1人。
(d)4期生(2人):両者ともオーロニ大学にて英語研修中。
※1)1期生1人、2期生1人は学業を修了し、帰国済みなので上記から除外。
※2)4期生1人は渡米を1年延期したため、上記から除外。

(4)遠隔指導
A.内  容:国内にてリアルタイムで米国大学の講義を受けることが出来る教育プログラム
B.回  数:3回
C.場  所:東京2回、京都1回
D.参加者:延べ70人
成果物  
備考