日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶からの温室効果ガス削減方策に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,435位 (19,734事業中)
成果物アクセス数:205
更新日 : 2020年9月26日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥21,670,754
助成金額: ¥21,670,000
事業内容 1.温室効果ガスの現状把握と将来予測
IMOにおける温室効果ガス解析レポートの更新作業内容を考慮し、以下の項目について最新の情報を収集し、外航海運から排出される温室効果ガスの現状把握と将来予測を行った。
(1) 1990-2005年までの温室効果ガス排出量推移を推定・解析
(2) 1990-2005年までの大気汚染物質排出量の推移を推定・解析
(3) 2010、2020及び2050年における温室効果ガス排出量の将来予測と削減シナリオ
(4) 運航実績データに基づいた温室効果ガス指標の解析
(5) 技術上、運航上、市場原理の観点からの削減方策の検討
2.削減に向けての新しい国際メカニズムに関する調査研究
京都議定書では対象外とされた外航海運への規制及び特にCDM(Clean Development Mechanism)の外航海運への拡張を中心に、排出クレジットを拠出しうる国際的な削減メカニズムを考究し、国際海事社会への提案を試みた。
成果物 平成20年度 船舶からの温室効果ガス及び大気汚染物質の総排出量算定調査報告書
平成20年度 海運起源のGHG排出削減制度に関する調査報告書
備考