日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

インドのハンセン病患者、回復者による会議“ナショナルフォーラム”の開催 (National Forum on integration & dignity of people affected by leprosy)

団体名 Association of People Affected by Leprosy (ナショナルフォーラム)
団体名ふりがな  
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥14,799,488
助成金額: ¥14,799,488
事業内容 インドにおけるハンセン病患者、回復者達によるネットワークの形成と彼等の社会的経済的地位の向上を目指し、以下の事業を行った。

1.ナショナルフォーラムの開催
(1)東地域大会
 a.場 所:ウエストベンガル州 コルカタ
 b.時 期:2008年9月7日
 c.参加者:コロニー代表者、メディア、NGO、政府関係者等295名
(2)北地域大会
 a.場 所:ウッタル・プラデッシュ州 ラクナウ
 b.時 期:2009年3月1日
 c.参加者:コロニー代表者、メディア、NGO、政府関係者等312名

2.ニューズレターの発行
(1)発行回数:年3回
(2)発行部数:1,000部(ヒンドゥー語700部、英語300部)
(3)配布先 :ハンセン病コロニー、ハンセン病関連施設、インド政府、WHO、メディア、NGO等

3.事務局の維持・管理
(1)北部事務所(北部10州を管轄)
 a.場 所:首都デリー
 b.スタッフ:事務所員1人、コンピューターオペレーター及び夜警各1人
(2)中部・南部事務所(中部・南部18州を管轄)
 a.場 所:マハラシュトラ州 ムンバイ
 b.スタッフ:事務所員2人(常勤1人、パート1人)、コーディネーター1人
成果物  
備考