日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ベトナムにおける障害者の自立生活支援プロジェクト (Promoting Establishment of Independent Living Center for PWD, Vietnam)

団体名 Disabled Peoples’ International Asia Pacific Regional Council (障害者インターナショナルアジア太平洋協議会)
団体名ふりがな Disabled Peoples International Asia Pacific Regional Council
年度 2008年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥48,466,000
助成金額: ¥48,466,000
事業内容 1.障害者の自立支援に係る研修、セミナー等の実施
(1)プロジェクト立ち上げ式典及び自立生活リーダー養成セミナー(ハノイ)
2/16の立ち上げ式典には約200人が参加。翌2/17から4日間開催された自立生活リーダー養成セミナーには重度障害者18人が参加し、自立生活運動の基礎を学んだ。
(2)介助コーディネーター研修(東京)
5月の2週間、介助サービス事業の担い手となる2人のコーディネーターが東京の自立生活センターで障害者介助に関する業務、調整に係るノウハウを学んだ。
(3)ピア・カウンセリング基礎研修(ハノイ)
8/24日から5日間、重度障害者11人が障害当事者による当事者のためのカウンセリング、「ピア・カウンセリング」研修の担い手としての訓練を受けた。
(4)ピアカウンセリングリーダー養成研修(東京)
(3)の受講者のなかでカウンセラーとして適性のある4人を選抜し、11/1から2週間、日本の自立生活センターにて研修を行った。
(5)ピアカウンセリングリーダー現地報告会(ハノイ)
12/23に(4)の研修受講者による報告会が行われた。

その他のプログラム:
(1)介助サービス事業
障害者40人に対し51人の介助者を派遣、延べ7,630時間の介助サービスを実施。
(2)地域での啓発活動
国際障害者デーのワークショップ開催、ベトナム独立記念日のホーチミン廟参拝など、障害者のエンパワメント及び社会の障害者理解促進に向けた啓発活動を多数実施。
(3)ニューズレターの発行

2.リフト付福祉車両の寄贈
10/16の寄贈式には、ベトナム政府の障害担当副大臣を含む約100人が参加。
3.ハノイ自立生活センターの設立、運営
1月に設立。現在の運営スタッフ数は6人。
成果物  
備考