日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ベトナムにおける障害者の自立生活支援プロジェクト (Promoting Establishment of Independent Living Center for PWD, Vietnam)

団体名 Disabled Peoples’ International Asia Pacific Regional Council (障害者インターナショナルアジア太平洋協議会)
団体名ふりがな Disabled Peoples International Asia Pacific Regional Council
年度 2009年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥43,461,825
助成金額: ¥42,755,000
事業内容 1.障害者の自立生活支援に係る研修が実施された。
(1)自立生活センター運営フォローアップ(1月24−27日、ハノイ)
a.対象:10人(ハノイ自立生活センター運営者)
b.内容:自立生活センターの運営・介助者派遣に関するアドバイス
(2)自立生活研修(3月7−11日、ホーチミン)
a.対象:200人以上(一般200人、重度障害者20人)
b.内容:自立生活運動の説明及び障害当事者リーダーの発掘
(3)ピア・カウンセリングフォローアップ研修(5月23−27日、ハノイ)
a.対象:10人(重度障害者)
b.内容:1年目の基礎講座受講者たちのフォローアップ
(4)自立生活センター運営リーダー養成研修(7月4−17日、日本)
a.対象:3人(重度障害者)
b.内容:ホーチミン自立生活センターの運営を担う当事者リーダーに
自立生活センターの運営とサービスに関する知識と技術を提供する。

(5)ピア・カウンセリング研修(8月23−27日、ホーチミン)
a.対象:12人(重度障害者)
b.内容:障害者をエンパワメントする技法を学ぶ基礎講義
(6)アジア太平洋地域介助者制度確立セミナー(6月18−19日、バンコク)
a.対象:180人(障害当事者リーダー)
b.内容:アジア各国の介助者派遣サービスの制度化に向けたセミナー
(7)ピア・カウンセリングリーダー養成研修(11月14−27日、日本)
a.対象:4人(ホーチミン2人、ハノイ2人)
b.内容:現地でピアカン研修を実施できるリーダーの育成
(8)(7)の研修受講生による帰国報告会(1日、ハノイ)
対象:50人(一般)

2.自立生活センター(ハノイとホーチミン)の運営管理
成果物  
備考