日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船分野における技術者育成のための教科書編纂事業

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,640位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:660
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 日本船舶海洋工学会
団体名ふりがな にほんせんぱくかいようこうがくかい
年度 2010年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,010,657
助成金額: ¥8,000,000
事業内容 「学会内に、産・学で構成される基準教科書作成委員会を設置し、教科書科目、教科書内容の統一基準、執筆者チーム等の決定を行った。また、実際の教科書編纂については、産・学で構成される執筆チームを編成した。これらの各チーム、委員会を円滑に進めるために、学会事務局にコーディネータをおき、チーム間の連携、また、教科書の表記の統一等を行った。

作成した教科は「船舶算法と復原性」、「船体運動と操縦性」、「抵抗・推進」、「船体構造(構造編)」、「船体構造(強度編)」、「船体構造(応答編)」、「船体艤装設計」、「造船工作法(含む生産計画)」、「計画学」、「性能設計」および「海洋開発」の11教科から2010年度は「船体艤装設計」、「船体構造(強度編)」および「造船工作法」の3教科を選定して実施した。

作成にあたっては、最近の若い技術者・学生が基礎的な工学知識の理解に幅があることを考慮し、分かりやすく、物理現象を良く理解出来るような話の展開、理解しやすい事例を示すなど工夫を行った。
成果物 2010年度 造船分野における技術者育成のための教科書編纂
備考