日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ストックホルムにおける原爆展及び軍縮に関するシンポジウムの開催 (Hiroshima Atomic Bombs Exhibition and Disarmament Symposium)

団体名 The Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation (スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団)
団体名ふりがな  
年度 2010年度
事業種別 助成事業
実施地域 ヨーロッパ
実施国 スウェーデン
事業金額
事業費総額: ¥23,548,343
助成金額: ¥15,751,400
事業内容 【事業地域】
ストックホルム

【事業対象】
原爆展:若年層を中心としたスカンジナビア諸国の人々
シンポジウム:核軍縮・外交の専門家や日本・北欧の政府高官等

【事業内容】
1. 原爆展の開催

(1) 広島平和記念資料館所蔵の被爆資料をストックホルムの軍事博物館で2010年9月から約3ヶ月間展示を行う。
(2) 軍事博物館に於いて2010年9月9日に原爆展開会式を行う。
(3) 軍事博物館は地域の学校等と提携し、学生達に対し原爆の悲惨さを伝えるとともに、原爆の惨事が二度と繰り返されないようにするにはどうすれば良いかを考えさせる。

2. 軍縮に関するシンポジウムの開催

(1) 原爆展に関連したシンポジウムを被爆者の談話を交えて開催する。
(2) 核廃絶に向けたこれまでの取組み及び今後の展望に関し、元国際原子力機関事務局長のハンス・ブリックス氏を招聘してシンポジウムを行う。
(3) シンポジウムには、スカンジナビア諸国、日本そして世界各国からの核不拡散・軍縮に関する専門家に参加してもらう。
(4) 聴講者には各国の政府高官、国際関係学の専門家、メディア等幅広い分野の人々を招待する。
成果物  
備考