日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

SG2000農業プロジェクトの推進 (Promotion of SG2000 project)

団体名 Sasakawa Africa Association (笹川アフリカ協会)
団体名ふりがな Sasakawa Africa Association
年度 2010年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥654,904,000
助成金額: ¥627,232,000
事業内容 以下、4テーマと評価を活動指針とし実施した(※4.人材育成プログラムの事業費は別途「笹川アフリカ奨学基金(SAFE)」より支出)。

1.食糧増産プログラム(Crop Extension)
大規模かつ実践的な農業技術習得計画を確立し、主食作物の生産性の拡大のための技術(改良種子、耕作法、肥料や農薬の利用法、関連知識と情報)を提供した。

2.貯蔵及び農産物の加工に関する技術の普及プログラム
(Postharvest Extension)
小規模農業組合の市場での競争力の強化を図るため、貯蔵技術及び農産物加工技術のトレーニング、農産物加工器械の普及等を行った。

3.官と民のネットワークの強化プログラム(Partners Integration)
政府による農業普及活動および他の援助団体(民間の農業関連企業、国際NGO等)との連携を通して事業実施の効率化を図った。

※4.人材育成プログラム(Human Resource Development)
大学教育を通じて、レベルの高い農業普及員を育てるための人材育成プログラムで、笹川アフリカ奨学基金(SAFE)によって実施した。

5.モニタリング・評価・情報共有プログラム
(Monitoring, Evaluation & Learning)
参加国と、上記4テーマ別プログラムの内部報告体制の強化を目的とし、CIMMYTによる外部評価(2005年度より実施)に加え、内部評価を行った。

・ボーローグ・シンポジウムの開催
単年度計画として故ボーローグ博士の追悼シンポジウムを開催した。
開催時期・場所:2010年7月13-14日、アディスアベバ(エチオピア)
参加者:カーター元大統領、アフリカ各国首相および農業大臣、大学教授等

成果物  
備考