日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

現代日本理解促進のための翻訳者育成・ネットワーク化事業 (BCLT Japanese Translation)

団体名 British Centre for Literary Translation, University of East Anglia (イーストアングリア大学 英国文芸翻訳センター)
団体名ふりがな British Centre for Literary Translation, University of East Anglia
年度 2010年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,072,296
助成金額: ¥7,072,296
事業内容 1.内容:
(1)翻訳ワークショップの開催
a.作家・翻訳家による翻訳ワークショップ・講義の実施
b.編集者などによる出版業界に関する講演会の開催          
c.参加者による発表          
(2)ワークショップの成果物の出版
a.ワークショップで翻訳した作品など会議の成果物の出版
b.参加者による共同企画による出版の支援
(3)翻訳家間及び出版関係者とのネットワークの構築
a.ウェブ・ベースの翻訳者のネットワークを作成し、情報交換や共同プロジェクトの実施を促す。
b. ロンドン・ブックフェアでのセミナー
c. ワークショップへの編集者招聘
(4)作家・翻訳家を対象とした短期フェローシッププログラムの実施
(ライター・トランスレーター・イン・レジデンス・プログラム)
a. 作家と翻訳家が同時期にイースト・アングリア大学に滞在し、執筆・ 
翻訳作業において協力すると同時に、学生に講義を行う。
(作家・翻訳家、各1名x2か月。もしくは作家・翻訳家各2名x1ヶ月)   
2. 日時:
(1)ネットワークの構築  2011年3月以降
(2)ワークショップの開催 2011年7月
(3)フェローシップ・プログラム 2011年6月〜7月
3. 場所: 英国、イーストアングリア大学
4. 参加者(1年目):
(1) 若手翻訳家10名、ベテラン翻訳家3~4名、作家2~3名、編集者5名、翻訳研究者数名他。
成果物  
備考