日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

聴覚障害奨学生フォローアップ事業:ケニアのろう教育現場におけるケニア手話の普及・啓発活動の実施 (The Kenya National Association of the Deaf (KNAD))

団体名 The Kenya National Association of the Deaf (KNAD) (ケニアろう協会)
団体名ふりがな けにあ なしょなる あそしえーしょん おぶ ざ でふ
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域 アフリカ
実施国 ケニア
事業金額
事業費総額: ¥2,905,700
助成金額: ¥2,905,700
事業内容 1. ケニア手話及びろう文化に関する周知啓発活動
(1) 広報資料の作成及び配布
4000部の手話啓発パンフレットを作成し、国会議員や中央省庁関係者他に配布した。

(2) ろう啓発週間(Deaf Awareness Week)におけるイベント開催
1.ケニア手話啓発用パンフレットを活用した、無料ケニア手話講座の開催(4日間実施、185名が参加)
2.ケニア手話によるアクセスが可能な、無料HIV検査の実施(4日間実施、200名が受診)
3.ケニア手話によるアクセスが可能な、無料耳鼻科診断の実施(3日間実施、100名が受診)
4.ナイロビ市街内でのケニア手話をテーマとした講演会の開催
5.ろう文化の啓発を目的とした、ナイロビ市内での大行進の実施

2. ケニア手話の普及に係る研修準備
公共放送事業者のケニア放送協会、ケニア議会関係者などと国会審議などの手話通訳の派遣における協議、ロビー活動の他、その他スポンサーの発掘を継続して行い、手話の普及に係る研修準備を行った。さらに法務省、国務省、情報省など関連省庁とケニア手話の普及に向けての関係構築を図った。

3. 事務所の運営管理
活動拠点となる事務所を借り、運営管理を行った。
成果物  
備考