日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

東日本大震災の経験に基づく障害者支援に向けた提言および啓発 (Recommendations for Supporting People with Disabilities in disaster)

団体名 日本障害フォーラム
団体名ふりがな にほんしょうがいふぉーらむ
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
実施国 韓国
日本
アジア全体
事業金額
事業費総額: ¥12,992,747
助成金額: ¥12,000,000
事業内容 (1)ドキュメンタリービデオ制作
制作:日本財団、JDF
時間:30分
内容:被災した障害者の実態、支援活動、今後の対策のための提言など
言語:日本語、英語、スペイン語、韓国語版
その他:海外プレスのAP通信社、ロイター、BBCなどにプレゼン予定。

(2)「東日本大震災の障害者に関する提言報告書」の作成
内容:被災障害者の実態、支援活動、必要とされる施策にむけた提言等。
言語:日本語、英語

(3) 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)「アジア太平洋障害者の10年」ハイレベル会合におけるサイドイベントの実施
共催:日本財団・JDF
内容:ビデオ上映、提言報告書の発表。今後アジアで必要とされる障害者対策についてのディスカッション。
参加者:ミャンマー、タイ、台湾など近年自然災害により大きな被害を出した国々の障害関係者。
成果物  
備考