日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

現代日本理解促進のための翻訳者育成・ネットワーク化事業 (BCLT Japanese Translation Project)

団体名 British Centre for Literary Translation, University of East Anglia
団体名ふりがな British Centre for Literary Translation, University of East Anglia
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域 ヨーロッパ
実施国 英国
事業金額
事業費総額: ¥7,784,766
助成金額: ¥7,777,683
事業内容 1. 翻訳者の育成
(1)夏季翻訳ワークショップの開催
@ 日時(場所):2013年7月(英国ノリッジ、イーストアングリア大学)
A 参加者:若手翻訳家10名、ベテラン翻訳家1名、作家1名
(2)若手翻訳家を対象としたメンターシッププログラムの実施
@ 日時(期間):2013年1月〜6月(6か月間)
A 対象者:若手翻訳家(10名)
(3) 東京国際文芸フェスティバルにおける日英翻訳ワークショップの開催
@ 日時(場所):2013年3月(東京)
A 参加者:過去の夏季ワークショップ参加者(若手翻訳家)
(4)ロンドンブックフェアにおける日英翻訳ワークショップの開催
@ 日時(場所):2013年4月(英国・ロンドン文芸翻訳センター)
A 参加者:過去のワークショップ参加者等、英国在住の日英若手翻訳家
(5)PEN国際文芸祭開催に合わせた日英翻訳ワークショップ(上級編)の開催
@ 日時(場所):2013年5月(米国ニューヨーク)
A 参加者:米国在住の日英若手翻訳家
2.日本の文芸を英国内で発信する活動
(1)国際文芸祭への日本人作家・翻訳家の派遣
@ 日時(場所):2013年6月(英国ノリッジ)
A 参加者:日本の作家、翻訳家各1名
(2)コンマ・プレス出版による日本作家の短編集出版関連イベントの開催(延期)
成果物  
備考