日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

インドのハンセン病患者、回復者組織“ナショナルフォーラム”の活動推進 (National Forum India National activities Project)

団体名 Association of People Affected by Leprosy (ナショナルフォーラム)
団体名ふりがな  
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
実施国 インド
事業金額
事業費総額: ¥14,940,000
助成金額: ¥14,940,000
事業内容 ハンセン病患者、回復者は歴史的に社会から差別され、多くはハンセン病コロニーと呼ばれる人里離れた場所に隔離され、または自主的に集まり住んできた。インドの各地にもこのようなコロニーが点在しているが、これまでその住民達がお互いに交流することはほとんどなく、多くの住民が物乞いでの生活を余儀なくされている。ハンセン病患者、回復者の基本的人権の保護と生活の向上を目指すためには、彼等の人的交流と自己啓発を通じて、コロニー内での意識を高めるとともに、政府や社会に提言していくための基盤を強化する必要がある。

インドにおけるハンセン病患者、回復者によるネットワークの形成と社会的経済的地位の向上を目指し、以下の活動を支援する。

1.インド各州におけるキャパシティ強化および活動支援
  (1) 回復者のトレイナー研修、若者の研修、女性ワークショップ
(2) 州リーダー活動支援、州リーダー会議(北部、南部)の開催
(3) 人権侵害に関する問題解決のための活動、地区レベルでの活動支援
  (4) 政府、NGO、WHO等との回復者地位向上に関する意見交換 
2.社会啓発活動
(1) ナショナル・アピール(医療関係者の賛同を得た各州での啓発イベント)
(2) 活動に関する印刷物の発行(ヒンディー語、英語)
(3) ウェブサイト運営
3.事務局の維持・管理
(1)本部事務所(ハイデラバード)
(2)ムンバイ事務所
(3)シニア・コンサルタント事務所(エロード)
成果物  
備考